• Human Capital Consulting Recruiting

BMW、日本で真っ先に高速道で「手放し運転」実現へ 自動運転レベル2の支援機能

1024 1024 HCCR - Human Capital Consulting Recruiting

2019年夏以降に導入予定

ドイツの自動車メーカー大手BMWグループは、高速道路上で手放し走行が可能な「ハンズ・オフ機能付き渋滞運転支援機能」を搭載した車両を開発し、2019年夏頃を目途に日本国内に導入することを発表した。

発表によれば、一定の条件を満たせばハンドルから手を離して走行することが可能になり、ドライバーにかかる負担を軽減するシステムだという。

ただし、この機能はあくまで自動運転レベル2(部分運転自動化)の運転支援機能であり、完全な自動運転ではない。ドライバーが常に前方を視認している状態で、周囲の交通状況に応じてすぐにハンドル操作ができる状態に限って、ハンドルから手を離して走行が可能になる。

■日本国内で初の導入に

日本国内ではすでに、高速道路限定で自動運転レベル2相当の運転支援機能が可能な車両は販売されている。しかし、どのメーカーもハンドルから手を離すと警告が表示されるなど、手放し運転はまだ実現していない。

BMWの新機能が市場に投入されれば、日本国内で初めて手放し運転可能な車両となる。これをきっかけとして国内メーカーも同様の技術を投入するという動きも出てくるかもしれない。

BMWは2019年の夏以降に、この機能を搭載したモデルの販売を開始する。対象モデルはBMW3シリーズ、BMW8シリーズクーペ、BMW8シリーズカブリオレ、BMWX5の4タイプで、順次拡大予定だという。

—————————-
Job Postingもチェック!

—————————-

 

Source: https://jidounten-lab.com/w_bmw-highway-japan-level2

Author: 自動運転ラボ編集部

Image Credit: BMWプレスリリース

Share:
Bitnami