• Human Capital Consulting Recruiting

マーケット ニュース

世界最大の「在宅勤務の実験」始まる-新型ウイルスに見舞われた中国

世界最大の「在宅勤務の実験」始まる-新型ウイルスに見舞われた中国

HCCR - Human Capital Consulting Recruiting

新型コロナウイルスの感染拡大により、在宅勤務は「してもよいもの」から「しなければならないもの」に変貌した。

     中国では商店やホテル、レストランが客足の急減に見舞われ、数千もの企業が集合住宅や郊外の住宅で従業員に働いてもらいオンラインで営業を続ける方法を探っている。

上海の広告代理店で米インターパブリック・グループ傘下のリプライズ・デジタルのマネジングディレクター、アルビン・フー氏は「大規模な在宅勤務の実験をする良い機会だ」と言う。

「対面で大量のブレーンストーミングを行うクリエーティブな広告代理店にとって簡単ではない」が、ビデオチャットや電話を多用することになるだろうと語る。

ラップトップを持った女性(1月29日、上海)

まだ多くの人が春節(旧正月)で休んでいる中国で、企業が操業を再開し始めれば世界最大規模の在宅勤務実験が始まる可能性が高い。

  ビデオチャットアプリで顧客との面談やグループ会議を行ったり、ソーシャルメディア「微信(ウィーチャット)」の「ウィーチャットワーク」やバイトダンス(字節跳動)の「ラーク」のような企業向けプラットフォームで仕事の計画を話し合ったりする人が増える見込み。

Reaction In Hong Kong As U.S., Japan Warn Citizens to Avoid Travel to China

マスクを着けた香港の人々

金融や物流、保険、法律などの業種で多数のオフィスワーカーが中心街で働く中国の金融センター、香港と上海がこうした動きの最先端に実験場になりそうだ。

  ある香港の銀行員は、ラップトップと電話があれば仕事はどこからでもできるため、海外での休暇を延長するつもりだと話した。

—————————-
Job Postingもチェック!

 

Source: https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-02-03/Q53VI5DWLU6D01?srnd=cojp-v2

Author: Hiro Yoshida

Image Credit: Shelly Banjo、Livia Yap、Colum Murphy、Vinicy Chan

Share:
タクシー配車サービスのJapanTaxiがDeNAのMOVを吸収、DeNAはJapanTaxiの共同筆頭株主に

タクシー配車サービスのJapanTaxiがDeNAのMOVを吸収、DeNAはJapanTaxiの共同筆頭株主に

HCCR - Human Capital Consulting Recruiting

日本交通ホールディングスとディー・エヌ・エー(DeNA)は2月4日、両社それぞれが運営しているタクシー配車サービスの、JapanTaxiとMOVを4月1日に事業統合することで合意した。

今後DeNAは、日本交通ホールディングスとともにJapanTaxiの筆頭株主となり、社名も変更予定とのこと。持株比率は両社とも38.17%で、日本交通ホールディングス代表取締役の川鍋 一朗氏が代表取締役会長に、ディー・エヌ・エー常務執行役員オートモーティブ事業本部長の中島 宏氏が代表取締役社長に就任予定。

今回の事業統合によって配車可能な車両数は約10万台となる。また、全国に展開しているJapanTaxiの営業エリアに加え、東京、神奈川、京阪神に展開しているMOVの営業エリアが加わることで大都市圏でのサービスの利便性が向上すると考えられる。

JapanTaxiによると、今回の経営基盤強化により生産性向上や公共交通機関としての安定的な輸送確保のほか、高齢化や交通網の弱体化に伴った移動困難者などへの交通手段の提供を目指すとのこと。

—————————-
Job Postingもチェック!

 

Source: https://jp.techcrunch.com/2020/02/04/japantaxi-mov/amp/

Author: Hiro Yoshida

Image Credit: Techcrunch JP

Share:

DX:デジタル・トランスフォーメーションは冷蔵庫にある食材で料理する主婦の料理ではなく・・

HCCR - Human Capital Consulting Recruiting

年末年始でお会いした知人のうち、なんと3名が新たに設立されたデジタル・トランスフォーメーション組織の長となったと聞いた。 それほど、企業のデジタル・トランスフォーメーション(DX)への取り組みが活発となっているということだろう。

しかし、従来の情報システム部門を再編(改名?)して、デジタル・トランスフォーメーション本部などとしている企業もあるようだ。 BPRなどの過去のブームを経験している筆者としては、少々デジャブ感がある。

話は変わって、最近、複数の人から、「冷蔵庫の食材で料理をする主婦と、つくる料理を決めてから食材を調達するシェフ」の例え話を聞いた。 どんな文脈だったか、誰から聞いたのか、覚えていないので、ほとんど詠人知らず状態だが、妙にその例えが上手い!と思ったことだけ覚えている。

ところで、DXを過去のBPRなどと同様に捉えることは危険である。

デジタルテクノロジー、インフォメーションテクノロジーの急速な進化に伴って現在起こっていることは、

デジタルは利用者を『現実世界の制約から解放』できる。現実世界に生活していながら、同時にデジタルの世界(仮想世界)で新しい接触や相互作用が生まれる。仮想世界でつながっていれば、現実世界での関係を破壊しても(あるいは依存しなくても)成り立つ世界ができる。(デジタル変革とそのリーダーCDO(神岡太郎著))

そして

このデジタルによる『現実世界の制約から解放』によって、企業は「これまでと同じ事業や戦略では生き残れない」(デジタル時代のイノベーション戦略(内山悟志))

ということである。つまり

NO DX, NO BUSINESS

である。

そんな大変革に気付き、DXを必須と考えて、急ぎDX組織を新設している経営者が少なくないことは非常に頼もしいことである。

しかし、

「これまでと同じ事業や戦略では生き残れない」ことに対応していこう、

ということなので、これまでと同じやり方で効果をあげられる可能性が高くないと思う。

どうすればいいのかというと、これまでの延長線上ではないことをやろうとしているのだから、

冷蔵庫にある食材で料理をする

のではなく、

つくる料理を決めて、そのための食材を調達する

ことが必要だろう。

それは、技術だけでなく、人材もだ。いや、人材こそが DX 成功の鍵であるので、自社で推進すべきDXを定めて、それを推進する人材を調達すべきであろう。

料理を決めずに、冷蔵庫にある食材を集めて、DX組織をつくっていませんか?

—————————-
Job Postingもチェック!

 

Source: https://blogs.itmedia.co.jp/narisako/2020/02/dx.html

Author: 成迫 剛志

Share:
間もなく「届ける2.0」時代!米サビオークの自動運転宅配ロボに注目

間もなく「届ける2.0」時代!米サビオークの自動運転宅配ロボに注目

HCCR - Human Capital Consulting Recruiting

人口減社会の日本でいま、人に変わる「宅配」「配達」の新たな担い手として、自律走行(自動運転)ロボットが注目されている。

宅配や配送などの作業はこれまで人が担っていたが、日本のオフィスやホテルでロボットが荷物届けてくれるという試みが増えている。オフィスでコーヒーを、ホテルでルームサービスを頼むと、宅配ロボットが届けてくれる——。そんなことが当たり前の時代がやってくる。

中でも注目のロボットがシリコンバレーの米サビオーク製のものだ。森トラストのオフィスビルで活用されたことで一躍注目を浴びるようになり、2019年はNECの中核企業が出資したでも関心を集めた。この記事では「自動運転×宅配」に秘める可能性と、サビオーク社が絡む最近のニュースを紹介していこう。

■「自動運転×宅配」に秘める可能性

将来的に普及が加速すると考えられる自動運転技術を活用した宅配サービス。日本でこのような宅配ロボットの開発に先駆け的に取り組んでいるの企業としては、宅配ロボット「CarriRo Delivery」を開発するZMP社や、ホリエモンこと堀江貴文氏が支援するHakobot社などがある。

自動運転技術はさまざまな分野で活用が見込まれているが、特に小さな荷物の宅配や配送を担う小型ロボットはいち早く実用化が進むと言われている。クルマと違って人が乗ることを前提としていないことや、小型であれば仮に人とぶつかったときも大けがに至る可能性は低いことなどが挙げられる。

そして宅配ロボットが活躍するフィールドがオフィスビル内やホテル内だと、さらに普及が進みやすい。こうした場所は「私有地」の中であり、公道ではない。そのため国の法整備を待たずに実証実験がしやすく、実サービスとしての導入のハードルも自動車の公道走行より極端に低いからだ。

■サビオーク社の自動走行デリバリーロボット「Relay」とは?

2013年に米シリコンバレーで設立されたサビオーク社は、サービスロボットを開発・展開しているスタートアップ企業だ。2014年に自律走行が可能な配送ロボット「Relay」の販売を開始し、2015年にサンフランシスコで開催された開発者会議「インテルディベロッパーフォーラム」では、登壇したインテルCEOにRelayがソフトドリンクを届けたことで注目を集めた。

Relayは、高さ92センチ、幅51センチ、重さが約40キロで、上面の蓋を開けると格納スペース(容量21リットル/重さは4.5キロまで)が用意されている。連続走行時間は4時間で、自律走行で充電スポットに戻っていくことも特徴の一つに数えられる。

人に圧迫感や恐怖感を感じさせないスタイリッシュさも特徴で、ホテルなどのエレベーターで人と出会っても親しみを感じさせるようにデザインされているという。

機能としては、センサーマッピングによる自走やエレベーターを自ら操作して階移動などが可能で、障害物を回避しながら指定された場所まで安全に品物を届けることができる。アメリカでは既にホテルやオフィスなどで導入実績が多く、大手ホテルチェーンのインター・コンチネンタルも一部ホテルで活用中だ。物流施設や病院などの医療施設での導入も進んでいる。

■NECグループ企業がサビオーク社に出資

NECグループでネットワークインテグレーションとサポートを行うNECネッツエスアイ株式会社(本社:東京都文京区/代表取締役執行役員社長:牛島祐之)は2018年7月、「ネッツ・イノベーション・ベンチャー有限責任事業組合」ファンドを通じて、サビオーク社に出資した。

Relayは2017年7月、日本で初めて品川プリンスホテルで運用が開始されているが、この導入に必要なインフラ構築や運用、メンテナンスなどもNECネッツエスアイが提供しているという。

NECネッツエスアイはサビオーク社との連携を強化し、介護や医療業界、製造業など新しい市場への展開を目指していくという。

■森トラストのビルでコーヒーの宅配サービスも

Relayをオフィスビルで活用しているのは森トラスト株式会社(本社:東京都港区/社長:伊達美和子)だ。

森トラストは2018年、投資総額200億円の「新イノベーション投資戦略」の一環としてサビオーク社に出資している。そして2019年1月から、東京・神谷町の「城山トラストタワー」でRelayを使ったデリバリーサービスを開始した。

このデリバリーサービスでは、同ビルのオフィスで働く人がスマートフォンアプリで注文と決済を行うと、Relayが1階カフェからエレベーターで移動し、注文者がいるオフィスの出入り口までコーヒーなどの商品を届けてくれるというものだ。

■【まとめ】宅配ロボが自動運転車に対するアクセプタンスも高める

技術商社の株式会社マクニカ(本社:横浜市港北区/代表取締役社長:中島潔)もこのRelayの導入に取り組んでおり、既に「渋谷ストリームエクセルホテル東急」や「新宿ワシントンホテル」で導入されている。

自動運転技術を活用したこうしたロボットは今後、宿泊業界以外での導入も進んでいく。そうしてこうしたロボットの普及が自動運転技術を社会に認知させていき、将来的には自動運転車に対するアクセプタンス(社会受容性)の向上にもつながっていくことも期待される。

—————————-
Job Postingもチェック!

 

Source: https://jidounten-lab.com/u_delivery-2-savioke

Author: 下山 哲平

Image Credit: 森トラストプレスリリース

Share:
トヨタ、「空飛ぶクルマ」に本格参入

トヨタ、「空飛ぶクルマ」に本格参入

HCCR - Human Capital Consulting Recruiting

トヨタが出資するジョビーが開発する「空飛ぶタクシー」

トヨタ自動車は16日、垂直離着陸する「空飛ぶタクシー」を開発する米スタートアップ、ジョビー・アビエーションに3億9400万ドル(約430億円)出資すると発表した。空飛ぶタクシーは都市の渋滞緩和などにつながるため、新たな移動手段として注目されている。トヨタは生産技術や電動化のノウハウをジョビーに供与し、機体の量産化で協業していく。

ジョビーは2009年に設立した。滑走路が不要で垂直に離着陸できる「VTOL」と呼ばれる機体の開発を進めており、空飛ぶタクシーサービスの提供を目指している。トヨタは18年2月、傘下のベンチャーキャピタルなどを通してジョビーに出資したが、本格的な協業に向け、本体からも出資することを決めた。

トヨタは今後、設計や素材、電動化の技術開発などで協力するほか、トヨタ生産方式(TPS)のノウハウをジョビーに導入する。品質とコストを両立した機体を実現し、早期の量産を目指す。

出資後、トヨタの友山茂樹副社長がジョビーの取締役に就任する予定だ。豊田章男社長は「今回の協業により、陸だけでなく空にも移動の自由と楽しさを届ける」とのコメントを出した。

—————————-
Job Postingもチェック!

 

Source: https://www.nikkei.com/nkd/company/article/?DisplayType=1&ng=DGXMZO54444790W0A110C2I00000&scode=7203

Author: Nikkei Staff Writer

Image Credit: TechCrunch

Share:
タクシー、そして自動運転車が落し物を見つけ出す時代に

タクシー、そして自動運転車が落し物を見つけ出す時代に

HCCR - Human Capital Consulting Recruiting

「街中を走る自動運転タクシーが落し物をもれなく検知する時代がくる」——。こうしたことを予感させるプレスリリースを目にした。

そのプレスリリースは、タクシー配車アプリ国内最大手のJapanTaxi株式会社(本社:東京都千代田区/代表取締役社長:川鍋一朗)が2019年12月15日までに発表したものだ。

忘れ物防止タグ「Tile(タイル)」を世界展開する米Tile社のほか、IoT見守りサービスを提供する福岡のotta社と連携し、タクシー後部座席用のマルチ端末「JapanTaxiタブレット」にTileの検知システムを導入したという内容だ。

■「忘れ物防止タグ」×「タクシー」というイノベーション

まずプレスリリースの内容から紐解いていこう。

Tileは、鍵や財布などに取り付けて使う「忘れ物防止タグ」だ。このタグをつけておくとスマートフォンからTileを鳴らすことが可能になり、探し物が見つからないときや落とし物をしたときなどに活躍する。ただBluetoothで接続される仕組みなので、探しているものがスマートフォンから遠い場所にあると見つけにくくなる。

こうした弱点を補う仕組みとして発表されたのが今回の取り組みだ。JapanTaxiタブレットにこのTileの検知システムを導入することで、タクシーがさまざまな場所を走行しながらTileが発信するBluetoothの電波を拾うことが可能となり、これによって落とし物をした人にその場所を知らせることができるようになるという。

こうした仕組みは街中を縦横無尽に走行してまわるタクシーの特徴を活かしたものだ。

■自動運転タクシーのセンサーも活用すれば…

このプレスリリースを読んで思い浮かんだのが、Bluetoothの電波を拾うことに加え、センサーで落とし物を検知するというシステムも将来的に構築されるのではないか、という点だ。

わざわざ落とし物を探すためにセンサーを取り付けるのではコストに見合わないが、将来実用化される自動運転タクシーであれば既にセンサーがついており、ついでに活用することが可能だ。

センシングしたデータをAI(人工知能)が解析して道路上に財布があると分かれば、その持ち主が誰かは分からないものの、警察にその情報を連絡することができる。そして警察が拾得物としてその財布を預かっておけば、持ち主が警察に届け出たときに手元に財布が戻る可能性が高くなる。

Bluetoothの電波を拾う今回の仕組みと、センサーでタグがついていない落とし物を検知する仕組みが併用されれば、クルマが落とし物探しの名人としてその実力を高めるはずだ。

■増え続ける遺失物、人々の役に立つ取り組み

警視庁が発表しているデータによれば、2018年の遺失物拾得件数は414万件以上にのぼり、前年比で4.6%増加している。落とし物が増えている中、こうした取り組みは必ず人々の役に立つ。JapanTaxiとTileの取り組みに加え、将来新たに生まれそうなセンサーを使った仕組みにも注目していきたいところだ。

—————————-
Job Postingもチェック!

 

Source: https://jidounten-lab.com/u_taxi-autonomous-otoshimono

Author: Jidounten Lab Staff

Image Credit: Japan Taxi Press Release

Share:
ドコモ、5G商用化へ「福岡」とタッグの狙い

ドコモ、5G商用化へ「福岡」とタッグの狙い

HCCR - Human Capital Consulting Recruiting

九大での5Gと「みちびき」を活用した案内ロボ実証(3月)

2020年の第5世代通信(5G)商用サービス化を前に、各地で取り組みが活発化している。その一つ、福岡市では、NTTドコモが12月に入り、福岡市や九州大学との取り組みを相次いで発表。地域との結びつきを強め、地域特性やフィールドを生かした展開に期待ができそうだ。(取材=西部・高田圭介)

福岡市の創業支援施設「フクオカグロースネクスト(FGN)」は2日、「FGN 5G ラボ」がオープンし、実証事例の紹介やデモ機器の体験などでにぎわった。ラボ開設にはスタートアップ企業の技術革新に向けた5G活用サポートに限らず、地域で多くのプレーヤーを巻き込む狙いがある。

ドコモの動きに呼応するように、イベントで高島宗一郎福岡市長は「フクオカ 5G ビジョン2021」を発表。ワンストップ窓口を設けて5Gアンテナの設置や利活用を促すことを打ち上げた。世界水泳選手権福岡大会が開かれる21年までに福岡市の中心部である天神地区やウオーターフロント地区を重点整備エリアとして取り組む。

天神地区から西に向かった糸島市との境にある九州大学伊都キャンパス(福岡市西区)。5日、九大とドコモは5Gエリア化の覚書を結んだ。単一キャンパスで国内最大級のフィールドを生かし、研究インフラの整備だけでなくキャンパス内の5Gエリアを企業などへ開放していく。

「実証実験キャンパス」を掲げる伊都キャンパスでは、これまでもドコモとの間で5Gを活用した取り組みが盛んだった。

その一つが、準天頂衛星「みちびき」のシステムと5G技術を活用した案内ロボットの実証だ。

全方位4Kカメラによる映像取得や遠隔制御などに5Gを使い、みちびきとの連動により数センチメートルの誤差で測位する。ハウステンボス(長崎県佐世保市)も実証に参加し、広大な敷地での実用化を目指す。

福岡市内では天神地区で他にも複数の5Gラボやエリアを展開している。点から面へと広げ、自治体や大学を巻き込んだ展開に九州支社長の山崎拓執行役員は「全国的に見ても福岡は先を進んでいる」と自信を示す。

高速・大容量、リアルタイム性、多数接続による5Gの特性を企業や一般利用者が効果や利便性として実感するのはこれから。各地域では、通信環境の向上にとどまらず、その地の社会課題解決に生かせるかが、普及のカギになりそうだ。

—————————-
Job Postingもチェック!

 

Source: https://newswitch.jp/p/20370

Author: Newswitch

Image Credit: Newswitch

Share:
Society 5.0

Society 5.0

HCCR - Human Capital Consulting Recruiting

Society 5.0とは

サイバー空間(仮想空間)とフィジカル空間(現実空間)を高度に融合させたシステムにより、経済発展と社会的課題の解決を両立する、人間中心の社会(Society)

狩猟社会(Society 1.0)、農耕社会(Society 2.0)、工業社会(Society 3.0)、情報社会(Society 4.0)に続く、新たな社会を指すもので、第5期科学技術基本計画において我が国が目指すべき未来社会の姿として初めて提唱されました。

Society 5.0 説明図

Society 5.0で実現する社会

これまでの情報社会(Society 4.0)では知識や情報が共有されず、分野横断的な連携が不十分であるという問題がありました。人が行う能力に限界があるため、あふれる情報から必要な情報を見つけて分析する作業が負担であったり、年齢や障害などによる労働や行動範囲に制約がありました。また、少子高齢化や地方の過疎化などの課題に対して様々な制約があり、十分に対応することが困難でした。

Society 5.0で実現する社会は、IoT(Internet of Things)で全ての人とモノがつながり、様々な知識や情報が共有され、今までにない新たな価値を生み出すことで、これらの課題や困難を克服します。また、人工知能(AI)により、必要な情報が必要な時に提供されるようになり、ロボットや自動走行車などの技術で、少子高齢化、地方の過疎化、貧富の格差などの課題が克服されます。社会の変革(イノベーション)を通じて、これまでの閉塞感を打破し、希望の持てる社会、世代を超えて互いに尊重し合あえる社会、一人一人が快適で活躍できる社会となります。

従来の社会とSociety 5.0の違い

Society 5.0のしくみ

Society 5.0は、サイバー空間(仮想空間)とフィジカル空間(現実空間)を高度に融合させたシステムにより実現します。これまでの情報社会(Society 4.0)では、人がサイバー空間に存在するクラウドサービス(データベース)にインターネットを経由してアクセスして、情報やデータを入手し、分析を行ってきました。

Society 5.0では、フィジカル空間のセンサーからの膨大な情報がサイバー空間に集積されます。サイバー空間では、このビッグデータを人工知能(AI)が解析し、その解析結果がフィジカル空間の人間に様々な形でフィードバックされます。今までの情報社会では、人間が情報を解析することで価値が生まれてきました。Society 5.0では、膨大なビッグデータを人間の能力を超えたAIが解析し、その結果がロボットなどを通して人間にフィードバックされることで、これまでには出来なかった新たな価値が産業や社会にもたらされることになります。

これまでの社会での情報化技術とSociety 5.0における情報技術

経済発展と社会的課題の解決を両立するSociety 5.0へ

我が国そして世界を取り巻く環境は大きな変革期にあるといえます。経済発展が進む中、人々の生活は便利で豊かになり、エネルギーや食料の需要が増加し、寿命の延伸が達成され、高齢化が進んでいます。また、経済のグローバル化が進み、国際的な競争も激化し、富の集中や地域間の不平等といった面も生じてきています。これら経済発展に相反(トレードオフ)して解決すべき社会的課題は複雑化してきており、温室効果ガス(GHG)排出の削減、食料の増産やロスの削減、高齢化などに伴う社会コストの抑制、持続可能な産業化の推進、富の再配分や地域間の格差是正といった対策が必要になってきています。しかしながら、現在の社会システムでは経済発展と社会的課題の解決を両立することは困難な状況になってきています。

このように世界が大きく変化する一方で、IoT、ロボット、人工知能(AI)、ビッグデータといった社会の在り方に影響を及ぼす新たな技術の進展が進んできており、我が国は、課題先進国として、これら先端技術をあらゆる産業や社会生活に取り入れ、経済発展と社会的課題の解決を両立していく新たな社会であるSociety 5.0の実現を目指しています。

Society 5.0における経済発展と社会的課題の解決

 

イノベーションで創出される新たな価値により、地域、年齢、性別、言語等による格差がなくなり、個々の多様なニーズ、潜在的なニーズに対して、きめ細かな対応が可能となります。モノやサービスを、必要な人に、必要な時に、必要なだけ提供されるとともに、社会システム全体が最適化され、経済発展と社会的課題の解決を両立していける社会となります。その実現には様々な困難を伴いますが、我が国はこの克服に果敢にチャレンジし、課題先進国として世界に先駆けて模範となる未来社会を示していこうとしています。

超高齢化社会、エネルギー、農業、ものづくりにおけるSociety 5.0の実装例

Society 5.0による人間中心の社会

これまでの社会では、経済や組織といったシステムが優先され、個々の能力などに応じて個人が受けるモノやサービスに格差が生じている面がありました。Society 5.0では、ビッグデータを踏まえたAIやロボットが今まで人間が行っていた作業や調整を代行・支援するため、日々の煩雑で不得手な作業などから解放され、誰もが快適で活力に満ちた質の高い生活を送ることができるようになります。

これは一人一人の人間が中心となる社会であり、決してAIやロボットに支配され、監視されるような未来ではありません。また、我が国のみならず世界の様々な課題の解決にも通じるもので、国連の「持続可能な開発目標」(Sustainable Development Goals:SDGs)の達成にも通じるものです。

我が国は、先端技術をあらゆる産業や社会生活に取り入れ、イノベーションから新たな価値が創造されることにより、誰もが快適で活力に満ちた質の高い生活を送ることのできる人間中心の社会「Society 5.0」を世界に先駆けて実現していきます。

「快適」、「活力」「質の高い生活」が実現できるSociety 5.0

—————————-
Job Postingもチェック!

 

Source: https://response.jp/article/2019/12/05/329478.html

Author: Japan Cabinet Office

Image Credit: Japan Cabinet Office

Share:
トヨタ×パナソニックの住宅事業合弁会社、役員体制など決定

トヨタ×パナソニックの住宅事業合弁会社、役員体制など決定

HCCR - Human Capital Consulting Recruiting

トヨタ自動車とパナソニックは、2020年1月に設立する、街づくり事業に関する新しい合弁会社「プライム ライフ テクノロジーズ株式会社」について、所在地および役員体制を決定した。

本社所在地は品川グランドセントラルタワー(東京都港区)。代表取締役社長にはパナソニックの北野亮専務執行役員が、副社長にはトヨタ自動車の西村祐氏 がそれぞれ就任する。

新会社には、トヨタ自動車傘下のトヨタホームおよびミサワホーム、パナソニック傘下のパナソニックホームズおよびパナソニック建設エンジニアリング、松村組を移管。戸建住宅供給戸数約1万7000戸を誇る国内住宅業界トップクラスの企業が誕生する。

—————————-
Job Postingもチェック!

 

Source: https://response.jp/article/2019/12/05/329478.html

Author: 纐纈敏也

Image Credit: Response Japan

Share:
経営陣と現場の距離は、社員規模に比例しない

経営陣と現場の距離は、社員規模に比例しない

HCCR - Human Capital Consulting Recruiting

経営陣として方針を説明したり、社員の声に耳に声を傾けるのは大事なことです。しかし、スタートアップといえども社員数が一定数を超えると社員の声は拾えなくなりがちです。むしろ、無理に拾おうとしても対応できなくなるため「言っても無駄と思われる」ことから、かえって逆効果だという話も聞きます。

ここでいう一定数というのが100人なのか1000人なのか分かりませんが、やり方次第では10万人規模になっても十分に1人1人の社員に向き合うことができるのではないか、と思います。私は過去に10万人規模の会社2つに在籍したことがあるほか、1000〜2000人や数百人、十数人の会社、数人の組織に身をおいた経験があります。風通しが悪い十数人の組織にいたときに不満や不信感がぬぐえなかったことがあるのに対して、情報の透明性が高く、1人1人の社員に耳に傾ける文化と制度がある10万人の組織では、組織運営という点では全く文句がないどころか驚嘆すらしていました。

その会社というのはGoogleです。

「またか」とか「特殊事例」と思われるかもしれません。しかし、いくつかの原則や考え方には普遍性があると思います。この記事では私がGoogleで良いと思ったアプローチについて書いてみたいと思います。

10万人規模の会社でも経営との距離感は感じなかった

私は社員番号が約20万番目の社員としてGoogleの日本法人に入りました。全世界で社員数が8万6000人から10万人に増えるまでGoogleの社員として働きましたが、この間、一度たりともGoogleのスンダー・ピチャイCEOや、Google共同創業者でアルファベットCEOのラリー・ペイジCEOといった経営陣と距離があると感じたことはありませんでした。毎週社員の前に姿を見せていましたし、その気になれば、いつでも質問ができ、そして、ちゃんと答えてくれることも知っていたからです。これは、日本のカントリーマネージャーといった階層でも同様でした。

Googleでは部署やチームによって金曜日は4時ごろから社内にあるゲームセンターでビデオゲームや卓球をしながらビールを飲み始め、5時になると「TGIF」(Thank God It’s Friday!:神様ありがとう、金曜日だ!)と呼ばれる簡易パーティーが始まります。かつて小さな会社だったころは、このTGIFの場で経営陣がオープンに経営課題やプロダクトの進捗の話を社員らとしていたと言います。10万人規模になった現在も経営陣が出てきて(ライブ配信を組み合わせた)全社員の前で、毎週話をしていました。

Googleから学ぶべきアプローチは以下の6つだと思います。

(1)全社員が参加・閲覧できる場で経営陣が生の声で話すこと
まず1つめは、全社員が参加・閲覧できる場で経営陣が生の声で話すこと、そして対話することです。ヒトの社会は霊長類の中ではサルにもゴリラにもボノボにも似ていて、かつ、そのどれとも違うそうですが、そうはいってもヒトもサルの一種です(個人的にはゴリラ型のリーダーシップが良いと考えていますが)。やはり物理的存在が感じられる方法でコミュニケーションを取るべきですし、そのときの聴衆との相対的な位置関係、目線や聞き手との距離、声の大きさや声音など、全て重要なパラメーターだと思います。これはカリフォルニア文化かもしれませんが、コミュニケーションスタイルはフラットでカジュアル。そのことも距離を感じさせないポイントだったのだろうと思います。経営陣が話をする内容については当然なにも書けませんが、元ITジャーナリストとして、「これは話しすぎではないか?」と思う程だったとだけ書いておきます。私はその驚嘆すべきオープンさを、経営陣から社員に対する信頼と敬意として受けとめていました。

大切なのは、経営陣が情報共有や社員に耳を傾けることについて、やれるだけのことをやっていると社員が思えかるかどうかだと思います。例えばYouTube Liveを使えば、簡易にライブ配信ができます。1000人規模の会社であれば「全員が見ることができる」「リアルタイムで意見を出せる」ような率直な対話の場を設ける、というのは難しくないと思います。

 (2)社員が声を届けるチャンネルを常にオープンにしておくこと

これは書籍、「How Google Works」に書いてあることですが、Googleは会社が成長するにつれてTGIFで直接質問を受けるのがどんどん難しくなったので、Doryと呼ばれるツールを開発しました。これは、sli.doのような質問ツールと同じです。どこの地域の社員でも経営陣に質問ができ、皆が聞きたいという質問が投票で上位に来るようになっています。創設20年目で10万人規模、世界70拠点になっても全社員が声を届ける仕組みがあるということです。10万人規模で可能なので、100人とか1000人の会社であれば、やはり可能ではないかと思うのです。

(3)経営陣が上から目線ではないこと
コインの表裏だと思いますが、経営陣やVPは現場社員を下に見ていません。その結果として優秀な社員を惹きつけることができているのだと思います。Googleには何度もイグジットしている連続起業家もいれば(買収の結果としてGoogle社員となっている元起業家も多い)、オープンソースの著名人、世界的研究者やスーパーハッカーがごろごろいます。ビジネス系でも名だたる企業でCEOやリーダーを務めてきた人たちがたくさんいます。

社員が優秀だから経営陣が偉ぶらないのかというと、順序が逆に思えます。スタートアップの世界でも、よく「自分より優秀な人間だけを採用しろ」といいます。もしそれができているのなら、実際のところがどうあれ、経営陣やリーダー職にある人はみな、現場社員に対して敬意を持って接するはずです。

社員への敬意がないと思う言葉に、以下のようなものがあります。

  • 経営者が朝三暮四と現場に言われるのは仕方がない。持っている情報の質や量が違うのだから
  • 経営者目線でものを考えられる社員が少なすぎる
  • 知らなかったかもしれないが、すでに意思決定済み。実行するのがあなたであっても、これは上位レベルで決まったことで、あなたには関係がない話だ
  • 経営課題について、いちいち全社員が知る必要はない

高度知識産業で競争しようというのであれば、相応の社員を惹き付けるべきで、こうした物言いは全て優秀な人材を遠ざけることになり、不利だと思うのです。実態として能力やレベル感がさまざまであっても、持てる能力を最大限に発揮してもらうことを目的とするなら、情報はできるだけ流通させるのが、今の時代には正解ではないかと思います。また、それぞれの専門性を生かしてチームとして最大限のパフォーマンスを出すためには、モチベーションがきわめて重要です。しかし、上記のような発言は現場のモチベーションを削ぐことになります。

情報の取捨選択ができる人材であれば、情報の流量は多ければ多いほど良いはずです。それに、情報の偏在は、政治家タイプの跋扈を許す悪い権力の発生源にもなります。トップ自ら情報の公開・流通に積極的でなければならないと思うのです。Googleという組織にいて、私は情報を探すストレスから人生で初めて解放されたように感じていました。社内をググれば全て情報はある、というほどに極度の情報共有状態です。日々自分に向かって飛んでくる情報量も最初は洪水のように思えるほどでした。

組織の意思決定では、事前に意思決定のプロセスに参加してもらうことで、メンバーのコミットメントを高められます。その説得や合意のコストが高すぎて避けたいと考えているとしたら、社員を軽んじているか、間違った社員を採用しているか、その両方ではないかと思うのです。

(4)述べた意見が軽んじられたり、不利な扱いを受けないと社員が理解していること
経営陣やリーダーが一方的に話すだけでは意味がありません。寄せられた質問や厳しい批判、あるいは建設的な意見に対して、その場で回答するのも重要だと思います。即答できない場合でも、どう対応するかを手短に述べ、「対応する」といったら1、2週間で2、3の施策を関係者全員に出す、というところまでやらないとアカウンタビリティーを持ったリーダーと言えないと、私は思います。

このとき大事なのは、どんな意見でも嘲笑したり、軽くスルーしたりしないこと。そしてどんな意見でもそのことで社内で不利な立場に立たされたり、待遇が悪くなったりしないと社員が理解していることです。そうでなければ、やり取りは茶番になるからです。

(5)意思決定を、それぞれの専門チームに分散させておくこと
声が上がったら1、2週間で対応する、ということをGoogleができるのは、権限が分散されているからだというのが、私の観察です(これは公式な見解などではありません、念の為)。あまり具体的には書けませんが、個人や部分部分が自律的に動きつつ、その関係性の中で意思決定をしていく「ティール組織」に近い、と感じていました。このため、オーナーが決まりさえすれば、「対応する」といったことは比較的短期で実際に動きがありました。

100人とか1000人で「社員の声を聞いても対応ができない」というのは、経営陣が情報や権限を独占しすぎている(社員を信用していないか、情報共有や権限移譲に真剣ではない)からではないか、というふうに私には思えるのです。

(6)意見に対応するといったら対応を継続報告すること
社員の意見を拾ったとき、回答は2つに1つだと思います。「それは対応できない、なぜなら」というものと、「それはすぐに対応しよう」です。

「それは良いかもしれない。検討しよう」という曖昧な回答は避けるべきだと思います。これだと結局具体的な次のステップを決めていませんし、事実上、社員の声を無視していることになるからです。「それは良いかもしれない。検討するためにNさんに調べてもらってxx日までに回答する」というふうでなければ、耳を傾けたと言えません。さらに、その後の経緯の報告までがセットです。あるいは、優先順位から難しいということであれば、それをストレートに伝えるのが良いと思います。それで現場が納得しないとしたら、情報に非対称性があって、それを解消していないことが問題なのだと思います。

いろいろな組織を経験してきた私には驚きでしたが、Google社内は、現場から声を吸い上げることで大小多くの改善が日々行われています。吸い上げて改善するのはトップだけでなく、権限をもった当該部署です。これは「Work Rules」という書籍に書いてあることですが、小さなところでいえば「Bureaucracy Busters」という仕組みがあります。「意味のないお役所的な仕事」を見つけ出して徹底してやっつけようというツール・文化です。

以上、述べてきたことは私個人の体験に基づく意見で、Googleがどう考えて何をしているかについての公式の見解などではありません。ただ、この辺りは公開情報としてさまざまな書籍やブログ記事にもなっています。情報が双方向(もしくは縦横無尽)に飛び交うオープンさで、10万人規模と思えないほど経営陣と現場の距離が近いと思えた私としては、もしスタートアップの経営者で「社員数が一定数を超えると社員の声は拾えなくなる」という課題を感じているのであれば、ネットのツールも活用して、TGIFのような仕組みを真似してみてはいかがでしょうかと提案してみたく思います。

—————————-
Job Postingもチェック!

 

Source: https://coralcap.co/2019/11/candid-conversations/

Author: 西村 賢

Image Credit: Coral Cap

Share:
Bitnami